• 文字サイズ
  • サイズ小
  • サイズ中
  • サイズ大
  • 印刷する

 

セントラルドグマ 〜ゲノム情報からタンパク質ができるまで〜



国立科学博物館で行われた「DNAの先へ!」展(リンク)のために理化学研究所で制作された、セントラルドグマの解説映像です。
人体の細胞の中 で実際に起きている、ゲノム(DNA)から情報を読み出して、そこに書かれた設計図通 りにタンパク質(生命の基本物質)を組み立てるまでの流れを説明しています。登場人物 は実際はすべて生体高分子ですが、役割を際立たせるために一種のナノマシンとして表現してあります。

シナリオ・ディレクション:額谷宙彦
CGデザイン・モデリング・画面構成:笠原敏秀
絵コンテ・編集:渡辺一史
音楽:Altair Blue (アルテアブルースタジオ)
制作統括:西川美希 林崎良英
協力:東京理科大学 武村政春(講談社ブルーバックス『生命のセントラルドグマ』)

制作:(独)理化学研究所 ゲノム科学総合研究センター
遺伝子構造・機能研究グループ
(C)2007,2008- RIKEN

(c)2008- Omics Research Center, Riken, All Rights Reserved.